ベツレヘムの星を目指して

「ベツレヘムの星を目指して」というチームで投稿します。

自己啓発書の勘違い

皆さんこんにちは!

自己啓発書が基本的に嫌いなHirokiです!

 

いやー本当に嫌いなんですよ。笑

 

だって、ただの一個人の体験談であって、確実性とかないじゃないですか。笑

 

自己啓発書に書いてあったから、やってみた」とか、

正直これに関しては否定しません。でも、何も考えずに実行するのは、ただの愚か者としか思えません!

 

実行するなら、せめて仮説ぐらい立ててやるべきじゃないですかね?

少なくとも私はそう思います。

 

確かに自己啓発書に書いてあることは、一部はあっているんですよ。

だけれども、間違いの方が多すぎるんですよね。

 

今回具体的に出そうと思ったのが、

「目標達成をイメージするのは有益だ!」とか、

「自分の将来をイメージしましょう!」とか、

そういった間違いです!

これある一面では正しいのですよ!

 

皆さんは、目標達成をイメージしたことありますか?

正直な話。ほとんどの人がこれを勘違いして読み解いてしまっています。

 

何を勘違いしているかというと、

「夢想」と「期待」の違いです!

 

目標達成をイメージするのはいいのですよ。

でも大半の人は「夢想」しちゃっているのですね!

 

「夢想」はただの想像にしか過ぎません。

「期待」するというのは、すなわち実際的になることです。

 

まあ、簡単に言うと、行動しているかどうかなんですよね!

想像だけなら、誰でもできるし、成功できるという気にもなれてしまうということですね!

 

対策としては、視覚化することですね。

自身がやったことを記録することです!

そこで重要なのは、対比です。

 

さて何と対比をするのか?

それは、自分自身です!

過去の自分と対比しましょう。

決して他人と比較してはいけません。

 

そこで自分自身の成長を見ることができれば、小さく大きく成長できるのです。

そして、それが溜まりに溜まって成功に繋がるということです!

 

しかし、ここで注意しないといけないのは、

「本当にこの行動をやって正しいのか?」

ということを慎重に見極めることです!

 

例えば、歌手になりたいのに、マイクとか、機材の研究をしているだけでは、なんの意味もないですよね!

まあ、歌手になりたければ、大半の人は練習をしてなきゃおかしいのですが・・・。笑

 

見極めを間違わないために、細かい記録が重要なんです!

本当に細かすぎる記録が重要です!

 

小さいことから積み重ねましょう!

要するに習慣ですね!

 

小さな習慣が身を結ぶんですね!

私もがんばろっ!

それではまた〜!

 

次回はゆーだいです!